本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。甦る輝き、再生&保護です。

ガラスコートの概要facilities

無機コート剤の特性

地球環境にやさしい21世紀のガラスコート剤です。

   0.20ミクロンの薄いガラス被膜を形成し、
塗布施工するだけで透明感があり、
艶・光沢も甦り、ガラスバリアーが、
   汚れをつきにくくします、

   メンテナンスフリーで、お手入れもラクラク、
超耐久性コート剤です 。

無機コート剤の機能表

 塗膜形成主剤 ガラスコート 
 硬化反応
機構
常温硬化
温度と湿気での
官能基の反応硬化
機能性有機化合物
促進剤の反応硬化
 造膜結合
主鎖
 Si−O
(珪素―酸素)
 塗材形態 二液型
混合比率 1:1)
無溶剤 
素原料臭
特殊機能性
有機化合物
20〜25%複合
 塗装方法  刷毛・ローラー
スポンジ塗り
 造膜機能 機能性有機化合物
複合無機質塗膜
 耐久性 耐久性塗膜
 塗膜物質 折曲性・密着性・
弾性・緻密構造
 劣化要因  Scionの酸化物々性で
耐酸材料になる
非親水性、
撥水性物質で
吸湿性は無く軟化、
膨潤は起らない。
Is-O構造膜
タイル・ガラス類似は
紫外線の吸収域が
270NAにあり
紫外線での
劣化はほとんど
起らない。
熱による材質の変質は
起らない。
大気中の複合酸化環境
(劣化・風化)で
耐性のある塗膜物質。
 燃焼性  難燃性
 耐水性  変化なし(撥水質)
 耐熱性  200℃変化無し
 耐酸性 JIS K4500 
5% 24時間
 耐アルカリ性  カルシウムイオン
(セメント溶液)
30日…変化無し
一級ナトリウムイオン
(苛性ソーダ溶液)
24時間…不変

ナビゲーション